忙しい社会人にこそ「Nintendo Switch」!一台で据置型にも携帯型にもなる待望のゲーム機!(動画あり)

出展:任天堂HP

こんにちは♪
ゲーム大好きじゅりんです!なのに最近ゲームする時間がない…><

ということで、家庭用ゲーム機が大好きな人にとって、要注目な「Nintendo Switch」!!発売日も3月3日に決まり、いよいよ盛りがってまいりました!!

今回の新ハード「Nintendo Switch」、ゲームは好きだけどなかなか時間のない忙しい社会人にとって最高に嬉しい仕様になっているようです!!

スポンサーリンク

「Nintendo Switch」一台で、「据え置き型」にも「携帯型」にも対応!!パッと遊び始められるのが嬉しい!

「Nintendo Switch」は、忙しい社会人にこそオススメ!

出展:任天堂HP

「Nintendo Switch」の最大の特徴は、一台で「据え置き型」「携帯型」どちらの形でも遊べるということ!!これ、忙しい社会人にとっては本当に嬉しすぎる機能!!

ぼくも現在進行形でRPG「テイルズオブベルセリア」を遊んでいるのですが、楽しいし、大好きなのにもかかわらず全然進みません。その理由は明確です。ハードが据え置き機(PS3版)であるということ。据え置き機は画面が大きくていいんですが、「よし!やるぞ!」と気合と時間を準備しないと、電源すら入れることが億劫になってしまうんですよね。おかげで、1ヶ月に1度くらいしか進められない…orz

でも、これが「Nintendo Switch」であれば、「ちょっと遊ぼうかな」のときは「携帯型」で、「よし!じっくりやろう!」というときには「据え置き型」大画面で遊ぶことができちゃいます。

特にRPGのようにプレイ時間の長いジャンルが好きな人にとっては、シチュエーションに応じてゲームスタイルを変えることができるのはありがたいですよね!

「遊び方」にフォーカスするから任天堂のゲーム機は面白い!

出展:任天堂HP

SONYのPlayStationなどは、ゲーム機の「性能」を中心に開発されている傾向があります。なので、まさにその時代における最先端の技術で美麗な映像を描き出してくれます。まさに映画のようなゲーム体験を楽しむことができましたが、なんとなくゲームとしての根源的な面白さが置いてけぼりになっているようなそんな気もしていました。

しかし、それに対して任天堂の開発するゲーム機は、いつも「遊び方」にフォーカスされています。(その代わり映像はそこまで綺麗ではなかったこともありましたが…)だから、ゲームとしての新しい「遊び方」の提案なんですよね。それはまるで、「鬼ごっこ」しか知らなかった子に、「色鬼」「氷鬼」「ケイドロ(ドロケイ?)」などの新しい遊び方・楽しみ方を教えてくれるような感じかもしれません。

「DS」「3DS」は二画面・タッチパネルを用意することでゲーム機の遊びや活用の幅を広げてくれました。

「Wii」「WiiU」は、スティック状のコントローラーを採用することで、疑似スポーツ体験やフィットネスまでゲームの世界に取り込みました。

特に「Wii」で「Wii Sports」を遊んだときの感動は忘れることができません。スティック状のコントローラーを振り回すことで、年齢体力に関係なくみんな同じ土俵でスポーツを楽しめるなんて凄すぎませんか??

「Nintendo Switch」はそういった体感的な「遊び」の形を受け継ぎながらも、かつてファミコン世代だったぼくらのような人たちでもゲームを楽しめるような工夫を凝らしてくれています。

一人での遊び方、家族や友達との遊び方、どんな場面でも笑顔を生み出してくるプレイスタイルを提供してくれる「Nintendo Switch」に今からワクワクが止まりません!

安いだけじゃない!超絶オススメの格安SIMランキング!

ドコモ・AU・ソフトバンクの3大キャリアよりも圧倒的に安くなる格安SIM!そんな格安SIMの中でも選ぶべき回線はどこなのか!?ランキングにしました!

買って良かった!「Kindle paperwhite マンガモデル」が最高すぎて手放せない理由5つ!

何百冊だって持ち歩ける!夜中にベッドでも読める!などなど、読書ライフを劇的に改善してくれた「Kindle paperwhite マンガモデル」!
iPhoneやiPad以上に知的欲求を満たしてくれる最強電子書籍デバイスを徹底レビュー!!

ABOUTこの記事をかいた人

ミリョク・ラボ 代表
ThinkBuzan社公認マインドマップインストラクター(TLI)

主にコミュニケーション・マインドマップ・IT活用(EvernoteやiPhone・iPad・Macなど)の講師として、企業・公的機関・職業訓練校などからの依頼で講演活動を行う。
しかし、その正体は、大好きなことを話し続けることに至福の喜びを感じる「おしゃべり」屋。
そんなおしゃべりの舞台が、インターネットの世界にまで広がった結果が、本ブログ「じゅりんHACK」である。