Mac版『ナラベルコ』!「画像の大きさを揃えて等間隔に並べるヤツ(Tunacan)」がアプリ名そのまんまで凄い!

こんにちは♪
ブログ書くならやっぱりMac!なじゅりんです。

昨日は、2枚の画像を並べて1枚の画像にするiPhoneアプリ「ナラベルコ」を紹介しました。

【iPhone】2枚の画像を並べて1枚の画像にするアプリ「ナラベルコ」が超便利!工夫次第で3枚以上並べることも!

2017年2月2日

これはこれでとても便利なんですが、ブログを書くときにはやっぱりMacを使います。となると、いちいちiPhoneでポチポチと作業するのが面倒なときも…う〜ん…Macで同じことができたらいいのに…

はい!できます!!
「ナラベルコ」とほとんど同じことができてしまうMacアプリ画像の大きさを揃えて等間隔に並べるヤツ(Tunacan)
名前で性能を全部語っちゃってますが、これほんと便利です!!(&無料!)

しかも操作していてめちゃくちゃ気持ちがいい!!

横並び・縦並びの画像をサクッと作成したい人は、絶対にオススメのアプリですよ!!

Tunacan
Tunacan
Developer: Kreuz 45
Price: Free+
スポンサーリンク

「画像の大きさを揃えて等間隔に並べるヤツ(Tunacan)」使い方

これまた超絶カンタン!!

  1. 並べたい画像をどんどん「ドラッグ&ドロップ」するだけ!
  2. 画像間の間隔もスライダーでサッと設定できるので超楽チン!
  3. できあがったら、「書き出し」ボタンを押して保存!

あっという間に「複数枚並べた1枚の画像」ができちゃいますよ!むむっ!これは「ナラベルコ」よりも楽でいいかも!?

(ただし無料版では、出力形式は「png」のみ)

拡張機能も120円と格安!「jpeg」で出力できるように!

エクステンションパック(拡張機能)も有料で用意されています。

1. 背景色を設定可能
2. 外枠を設定可能
3. 最近使ったBridge Imagesから、すぐに読み込む機能
4. ドラッグアンドドロップで並び替え可能
5. プロジェクトをファイルに書き出し/読み込み可能
6. JPEG出力

引用:App Store「画像の大きさを揃えて等間隔に並べるヤツ」より

この拡張機能が120円だったら格安じゃないですか?
「JPEG出力」のためだけに120円でもいいかなって思います。

いちおう「png→jpeg」はMacの機能でもできちゃうので、とりあえず無料で使いつつ、画像形式の変換が面倒になったらエクステンションパックを購入しようかなと思っています。

追記 2017年2月5日

エクステンションパック買っちゃいました♪
やっぱり即JPEG出力できるのはいいですね!

まとめ:使っていて気持ちがいいアプリです!

画像の大きさを揃えて等間隔に並べるヤツ(Tunacan)」は、機能的にもほんとバッチリなんですが、実は推しポイントはそこだけじゃないんです!!

これ、使ってみたらわかるんですが、いちいちアプリの挙動が気持ちいい!!

機能もデザインもシンプルで洗練されているんですけど、何よりも画像をドラッグ&ドロップしたときの「ピッ」「ピポッ」「ポピッ」という効果音がめちゃくちゃいい!!操作しているときの画面の表示がなんかカッコいい!!

ついつい意味もなく画像をつなげてしまいそうな中毒性があるアプリですね(笑)

画像の大きさを揃えて等間隔に並べるヤツ(Tunacan)」アプリ自体は無料なので、ぜひ使ってみてください!
それにしても名前が長い(笑)

Tunacan
Tunacan
Developer: Kreuz 45
Price: Free+

安いだけじゃない!超絶オススメの格安SIMランキング!

ドコモ・AU・ソフトバンクの3大キャリアよりも圧倒的に安くなる格安SIM!そんな格安SIMの中でも選ぶべき回線はどこなのか!?ランキングにしました!

買って良かった!「Kindle paperwhite マンガモデル」が最高すぎて手放せない理由5つ!

何百冊だって持ち歩ける!夜中にベッドでも読める!などなど、読書ライフを劇的に改善してくれた「Kindle paperwhite マンガモデル」!
iPhoneやiPad以上に知的欲求を満たしてくれる最強電子書籍デバイスを徹底レビュー!!

ABOUTこの記事をかいた人

ミリョク・ラボ 代表
ThinkBuzan社公認マインドマップインストラクター(TLI)

主にコミュニケーション・マインドマップ・IT活用(EvernoteやiPhone・iPad・Macなど)の講師として、企業・公的機関・職業訓練校などからの依頼で講演活動を行う。
しかし、その正体は、大好きなことを話し続けることに至福の喜びを感じる「おしゃべり」屋。
そんなおしゃべりの舞台が、インターネットの世界にまで広がった結果が、本ブログ「じゅりんHACK」である。