【Amazon】「Kindle Paperwhite マンガモデル」誕生!ページめくりも33%スピードアップ!

出典:Amazon

出典:Amazon

こんにちは♪
Amazon大好きじゅりんです。

Amazonの電子書籍専用端末「Kindle」に新しいモデルが登場しました!!
それが「Kindle Paperwhite マンガモデル」!!
なんと日本限定発売なんだそうですよ♪

「マンガモデル」と銘打つからには、マンガに特化した作りになっているはずですが、どんな機能になったのか見てみましょう!

「Kindle」のマンガモデルは初!!

出典:Amazon

出典:Amazon

Kindle専用端末の「マンガモデル」は初の試み。
いったいどこが変わったのでしょうか?

マンガでも33%高速になったページめくり!

今までの「Kinde」端末は、基本的に「文字を読む」ものでした。
「e-ink(電子インク)」の特性上、画面の切り替えにマンガのように書き込みの多い(情報量の多い)本は、どうしても切り替えに時間がかかってしまったからです。

そのため、「Kindle端末でマンガは読めなくはないけれど…」みたいになっていました。

しかし、今回の「Kindle Paperwhite マンガモデル」は、一番の課題だった画面の切り替えを改善!!従来モデルより33%スピードアップした機能「快速ページターン」を搭載!!
さらに、画面長押しでパラパラと飛ばし読みできる「連続ページターン」という新機能もあるそうです。

やはり、一番の課題となっていた点をかなり改善したモデルになっているようです。これは嬉しいですね!!

ストレージが従来モデルの8倍!

出典:Amazon

出典:Amazon

ストレージ(保存容量)も、従来モデル8GBから32GBへと大幅アップ!!なんと8倍も保存しておけるようになりました!!まさにマンガモデル!!マンガのように容量が大きいものでも、相当数保存しておけます。

ちなみにマンガなら約700冊保存できるそうです。
これなら「こち亀」全200巻を入れたとしても、まだまだ余裕がありますね♪(約10GB)
こち亀全巻をコミックスの重さに換算すると約30kgにもなるそうなので、それを「Kindle Paperwhite マンガモデル」の重さ205gで持ち運べることを考えてもスゴいことです。

缶コーヒー1本の重さで、お米3袋分のマンガ本を持ち歩いて、いつでも読みたいときに読めるって嬉しいですね♪というか、お米3袋分のマンガを持ち歩くとか、どんな拷問ですか…。

マンガ好きの日本人に合わせた限定モデル

出典:Amazon

出典:Amazon

この「Kindle Paperwhite マンガモデル」は、日本だけの限定販売となっています。
マンガ大国日本ならではの特別扱いですね!!

ぼくが子どもの頃には、マンガの社会的地位はあまり高くありませんでした。「くだらない」とか「勉強のじゃま」なんて当たり前に言われていたんです。

しかし最近では、マンガは日本を代表する立派な文化の一つになりました。
「テルマエ・ロマエ」「ちはやぶる」「イタズラなkiss」など、映画やドラマの原作としても、様々な作品が使われるようになりましたし、その影響力は経済的にも計り知れません。

さらに、勉強やビジネス書をわかりやすくしたマンガ版なんかも、かなりの売れ筋商品に。マンガという目に見えるストーリーがあることで、よりわかりやすく、記憶に定着する学びの体験が得られます。

文章を読むだけで、想像をふくらませるという経験もたしかに大切なものですが、絵の表現だけで登場人物の心情を想像するマンガならではの体験も、とても大切なものだと思います。マンガ世代で、マンガ大好きだからこそ言いたい!!もっと大手を振ってマンガ読もう!!

「Kindle Paperwhite マンガモデル」は、そんなマンガ大好きな人が、もっとマンガを楽しめる電子書籍専用端末です!!
もちろん、一般書も読めますので、ご心配なく!!

「Kindle Paperwhite マンガモデル」発売は10月21日で、現在予約受付中です!(2016年10月18日現在)

安いだけじゃない!超絶オススメの格安SIMランキング!

ドコモ・AU・ソフトバンクの3大キャリアよりも圧倒的に安くなる格安SIM!そんな格安SIMの中でも選ぶべき回線はどこなのか!?ランキングにしました!

買って良かった!「Kindle paperwhite マンガモデル」が最高すぎて手放せない理由5つ!

何百冊だって持ち歩ける!夜中にベッドでも読める!などなど、読書ライフを劇的に改善してくれた「Kindle paperwhite マンガモデル」!
iPhoneやiPad以上に知的欲求を満たしてくれる最強電子書籍デバイスを徹底レビュー!!

ABOUTこの記事をかいた人

ミリョク・ラボ 代表
ThinkBuzan社公認マインドマップインストラクター(TLI)

主にコミュニケーション・マインドマップ・IT活用(EvernoteやiPhone・iPad・Macなど)の講師として、企業・公的機関・職業訓練校などからの依頼で講演活動を行う。
しかし、その正体は、大好きなことを話し続けることに至福の喜びを感じる「おしゃべり」屋。
そんなおしゃべりの舞台が、インターネットの世界にまで広がった結果が、本ブログ「じゅりんHACK」である。