【iPhone】Facebook「Messenger」アプリの位置情報をオフにする方法

Facebookを使うなら、もはや切り離せないのが「Messenger(メッセンジャー)」アプリ。
スマホで簡単にチャットや音声通話までできるようになったおかげで、プライベートからビジネスまで活用の幅が広いツールになっています。

…ですが、思わぬところで「自分の位置情報」が漏れることも。
過去の「Messenger」アプリでは、位置情報サービスをオンにしていると、自動的に今の位置情報も含めて発言してしまうこともありました(青い矢印アイコンがついていた)。

今は勝手にそういった位置情報を発信することはない…ということになっていますが、Facebookのサービスやアプリ自体、結構頻繁に変更があることを考えると、ちょっと安心できません。

意識せずに自宅の情報を知らせてしまったりすることは、やはり様々な危険を伴いますので、今回はiPhone・iPadのFacebook「Messenger」アプリの「位置情報サービス」をオフにする方法を解説します。…といっても、超カンタンですので、サクッと設定しちゃいましょう。

スポンサーリンク

「Messenger」アプリの位置情報サービスをオフにする

iPhone編

  • 「設定」を開く
  • 下の方にスクロールして「Messenger」をタップ
  • 「位置情報」を「許可しない」に変更

iPad編

  • 「設定」を開く
  • 下の方にスクロールして「Messenger」をタップ
  • 「位置情報」を「許可しない」に変更

まとめ:特に使わないのなら「位置情報」はオフ!

geralt / Pixabay

使い方によっては本当に便利な「位置情報」。これを利用した地図アプリなしでは、目的地にたどり着けないくらいに重宝しています。

ですが、やはり自分から情報を発信する「Messenger」のようなアプリが、日常的に「位置情報」を使用しているというのは、あまり気持ちがいいものではありません。

個人的には「Messenger」で位置情報を発信しなければならないようなことは今までありませんでしたし、もし相手に居場所を教えるために必要であれば「Googleマップ」などの別アプリで現在地のスクリーンショットを撮影して添付する方が安心です。(本当は「Googleマップ」にも位置情報の共有機能がありますが、あまり使いたくないので)

考えすぎ…と言われるかもしれませんが、結局のところ自分の身を守るのは自分。GPS機能が当たり前になった「スマホ」を使うということはどういうことなのか?を考えて「位置情報サービス」は自己責任で使用許可を出さなくてはなりません。

「『Messenger』アプリに位置情報を使われたくない!」という方は、サクッと設定しちゃいましょう。

安いだけじゃない!超絶オススメの格安SIMランキング!

ドコモ・AU・ソフトバンクの3大キャリアよりも圧倒的に安くなる格安SIM!そんな格安SIMの中でも選ぶべき回線はどこなのか!?ランキングにしました!

買って良かった!「Kindle paperwhite マンガモデル」が最高すぎて手放せない理由5つ!

何百冊だって持ち歩ける!夜中にベッドでも読める!などなど、読書ライフを劇的に改善してくれた「Kindle paperwhite マンガモデル」!
iPhoneやiPad以上に知的欲求を満たしてくれる最強電子書籍デバイスを徹底レビュー!!

ABOUTこの記事をかいた人

ミリョク・ラボ 代表
ThinkBuzan社公認マインドマップインストラクター(TLI)

主にコミュニケーション・マインドマップ・IT活用(EvernoteやiPhone・iPad・Macなど)の講師として、企業・公的機関・職業訓練校などからの依頼で講演活動を行う。
しかし、その正体は、大好きなことを話し続けることに至福の喜びを感じる「おしゃべり」屋。
そんなおしゃべりの舞台が、インターネットの世界にまで広がった結果が、本ブログ「じゅりんHACK」である。