お絵かきアプリ「アイビスペイントX」に自動着色機能が追加!使ってみたら感動した!

以前に本ブログでも紹介した「イラスト(線画)の自動着色」サービス。

線画の自動着色サービス「PaintsChainer」が凄すぎる!!…ので、やってみたらとんでもないことに!!

2017.01.31

何と!!iPhone・androidのアプリでも実装されました!!

超人気お絵かきアプリ「アイビスペイントX」!
無料なのが信じられないほど多機能なこのお絵かきアプリが、ディープラーニングによる「自動着色」機能を追加!

これ…ほんとすごい…
絵心のある人はもちろんですが、そうでない人もぜひ一度はこの凄さを味わってほしい!!

壊滅的に絵心のないぼくでさえ、その自動着色の凄さに感動してしまいました!!

ということで、実際に絵心なさすぎなぼくが、「アイビスペイントX」の自動着色機能を試してみました!併せて操作方法もどうぞ!

【iPhone】

アイビスペイントX
アイビスペイントX
Developer:
Price: Free+

【android】

アイビスペイントX
アイビスペイントX
スポンサーリンク

「アイビスペイントX」の自動着色操作手順

まずは線画を書来ましょう

まずは線画を書きましょう。

書きましょう…って、いい加減にもほどがありますね。
何だこのやる気のない顔は…

でも、前回よりはちょっとまともに描けているんじゃないかと思ってしまうあたり、ぼくのレベルの低さがよくわかります。

「自動着色」機能は、「フィルター」から

線画を描けたら、早速自動着色しちゃいましょう。

画面左下の「機能(ペン)」ボタンをタップ。
「フィルター」をタップ。

人工知能の「自動色塗り」を選択

フィルターはたくさんありますが、その中の「人工知能」「自動色塗り」をタップ。
自動色塗りには10秒ほど時間がかかりましたが、比較的素早く完了します。

さて…結果はいかに!?

 
 
 
 

「自動色塗り」完了

ドーン!!

見よ!この自然な着色っぷり!!
イラストが猛烈にヘタなのに…なんかかろうじて人としての生を授かったような気がします(?)

よし!比較してみよう!!

まぁ、元の線画がひどすぎるので何とも言えないなんて意見もあるでしょうが…裏を返せば、あれだけひどい線画でもちゃんと「人物」と判断して髪・顔・目・服を塗り分けてくれています。(目が怖いのはご愛嬌)

一色でベタ塗りじゃなくって、陰影?らしきものが見えるのもグッド。

どうですか?
自動着色すごくないですか!?

素晴らしすぎる「自動着色」作品例

相変わらず、ぼくのイラストではあまりにも参考にならないので…Twitter上にアップされている素晴らしすぎる皆さんの作品をご紹介

すごい…イラストうまくなりたい…(色塗りは「アイビスペイントX」に任せるから)

まとめ

以前紹介した「PaintsChainer」もスゴいと思いましたが、こちらの「アイビスペイントX」はさらにその上をいくスゴさ!!

イラスト描ける人は、とりあえず試してみるだけでもきっと楽しいはず!自分で色ぬりする前に、ざっくりと雰囲気を確かめるのにもいいかも?

イラストが描けない人でも、とりあえず落書き程度で遊べるので一度はこの最新技術を味わってほしいです!ほんと自分の絵に自動で色がつくのって結構感動します!!それにしてもこれで無料って…「アイビスペイントX」おそるべし!(無料版と有料版の違いは広告表示の有無だけ)

【iPhone】

アイビスペイントX
アイビスペイントX
Developer:
Price: Free+

【android】

アイビスペイントX
アイビスペイントX

安いだけじゃない!超絶オススメの格安SIMランキング!

ドコモ・AU・ソフトバンクの3大キャリアよりも圧倒的に安くなる格安SIM!そんな格安SIMの中でも選ぶべき回線はどこなのか!?ランキングにしました!

買って良かった!「Kindle paperwhite マンガモデル」が最高すぎて手放せない理由5つ!

何百冊だって持ち歩ける!夜中にベッドでも読める!などなど、読書ライフを劇的に改善してくれた「Kindle paperwhite マンガモデル」!
iPhoneやiPad以上に知的欲求を満たしてくれる最強電子書籍デバイスを徹底レビュー!!

ABOUTこの記事をかいた人

ミリョク・ラボ 代表
ThinkBuzan社公認マインドマップインストラクター(TLI)

主にコミュニケーション・マインドマップ・IT活用(EvernoteやiPhone・iPad・Macなど)の講師として、企業・公的機関・職業訓練校などからの依頼で講演活動を行う。
しかし、その正体は、大好きなことを話し続けることに至福の喜びを感じる「おしゃべり」屋。
そんなおしゃべりの舞台が、インターネットの世界にまで広がった結果が、本ブログ「じゅりんHACK」である。