【62円】実はハガキだけじゃない3つの値上げ!&間違って送るとどうなるのか郵便局に聞いてみた!

出典:郵便局HP

2017年6月1日から「郵便はがき」が値上げされました。

…って、みなさんご存知でした!?

あまりにも静かすぎる「郵便はがき」の値上げ。
52円→62円ということで、約20%の上乗せになります。

いやいや!日本で郵便に関しては一手を担う「日本郵政公社(郵便局)」の「郵便はがき」ですよ!?国民の誰もが関わるような情報インフラが約20%も値上げするのに、あまりにもそういった話を聞かなくないですか?

ぼく自身は、テレビをそれほど見るほどではありませんが、そこそこテレビ見ている奥さんに話を聞いても「特にニュースやCMとかでお知らせしているのを見たことない」とのこと。

我が家でこの値上げを知った唯一の情報源が、からの「日本郵政公社(郵便局)」のお知らせ(DM)でした。…いちおう確認したらいいけど…DMなんて捨てちゃう人も多いのでは…?

…ということで、今回の料金変更(実は「はがき」だけはありません!)と、もし間違って52円でハガキを投函してしまったら?について調べてみました。

2017年6月1日(木)から郵便はがきの料金等を変更させていただきます。 – 日本郵便

スポンサーリンク

ハガキだけじゃない!「値上げ」は3項目

通常の郵便はがき

出典:郵便局HP

「通常の郵便はがき」が、52円→62円と変更されました。それに伴い「往復はがき」も104円→124円へ。

ただし、「年賀はがき」は52円のまま(12月15日〜翌1月7日)。

[aside type=”normal”]

「年賀はがき」だけ料金据え置きというのはありがたい…けど、わかりにくいような気もします。
62円の官製はがきに「年賀」って書いて出す人もいるでしょうし…。面倒になればなるほど、年賀状を出さなくなる人が増えるような気がするのですが…[/aside]

定形外郵便(規格外)

出典:郵便局HP

「定形外郵便」に「規格外」が新たに設けられました。

[aside type=”normal”]定形外郵便(規格内)

  • A4サイズの書類が折らずに入る「角形2号」程度の大きさ
  • 厚さ3cm

[/aside]

この規格内に収まる「定形外郵便」は概ね今までと同じ料金ですが、このサイズを超える「規格外」の定形外郵便を送ろうとすると、料金が大きく跳ね上がります。

1kgを超えると、大きさ関係なく全て「規格外」として扱われるのも注意すべきポイントです。

ゆうメール(規格外)

実は「定形外郵便(規格外)の運賃変更」の最後のところに、オマケみたいに書いてあるのが「ゆうメール(規格外)」の話。

「ゆうメール」は、本やCDなどを「定形外郵便」よりも安く送ることができるのが便利。

こちらもひっそりと「規格外」が設けられていました。

基本的には、「定形外郵便」と同じように、「規格外」に対する料金が上がるというもの。
規格内の料金は、ほぼ今まで通り。

簡単にいうと、
[aside type=”normal”]ゆうメール

  • 【送付可能】
    • 長辺+短辺+高さ=1.7m以内(今まではこれだけ)
    • 3kgまで
  • 【規格内】
    • 長辺 34cm以内
    • 短辺 25cm以内
    • 高さ 3cm以内
    • 重さ 1kg以内

[/aside]

というふうに各辺の長さにも規格が定められました。
この規格を超えると「規格外」として扱われ、料金が上がります。

…とはいえ、本やCDを送る用途ですから、一般的に規格外になることは少ないでしょう。もし気をつけるとしたら「高さ」でしょうね。分厚い本を送る際には規格外になる可能性があるのでご注意を。

ちなみにこちらも、1kg以上は大きさにかかわらず「規格外」の扱いになります。(3kgまで)

もし、うっかり52円でポストに投函してしまったら…?

さてさて、話を「郵便はがき」に戻します。

定形外郵便などは、郵便局に直接持ち込むことが多いでしょうから、もし値上げのことに気がついていなかったとしても職員の方から教えていただけるでしょう。

ですが、ハガキはポストに投函することが多いため、自分自身で気づかないこともあります。

実際のところ、うっかり52円で投函するというミスは十分起こりうるので、郵便局のHPで調べてみました!…が、見つからない。どこにもそんなことは書いていません。

このままでは埒があかないので、電話で郵便局(宮崎中央郵便局)に問い合わせてみました。

[aside type=”warning”]6月1日以降に間違って52円でハガキを出してしまったら…

  1. 郵便局で見つかった場合
    • 送り主に返送される(「差額の切手を貼ってください」という案内と共に)
  2. 郵便局で気づかず、配達員が配達中に気づいた場合
    • 「受取人」が差額を支払う
    • 「受取人」が受け取りを拒否する

[/aside]

タイミングによって支払う相手が変わるとのことでした。

基本、ハガキのように一律金額同じものの場合、郵便局で見落とすことはほとんどないそうです。(ちなみに封書の場合にはサイズによる違いで見落としがあることも)

そのため、間違って投函したとしても自分のところに戻ってくる可能性が高いようです。

ただし、絶対に郵便局で見落としがないとは言い切れません。

「受取人」が、どうするかを選ばなければならなくなる状況も起こりうるのです。「差額を支払う」選択をした場合、ハガキを受け取って10円支払うという、かなり微妙な状態に。これは…絶対に避けたいですね。

特にビジネスでハガキを送る際には、切手に細心の注意を払いましょう。

もっと告知に力を入れてもよかったのでは…?

インターネットやメール・SNSなどの普及から、苦境に立たされる郵便業界。

人件費の高騰もあり、収支が悪化し続けている結果、今回の値上げになったそうです。

ですが、もうちょい告知してもよかったのでは?
先ほど話に出した郵便局からのDM以外には…テレビやCMでもほとんど「はがき値上げ」の話は見なかったし、6月1日の新聞一面(宮崎日日新聞)にも載っていませんでした。

ポストに貼ってあったっけ?と思って確認してみると…

ん?

まさか…

ちっちゃ!!
ちっちゃいよ!!普通に見逃すよ!!

「日本郵便」とかデカデカと書けるなら、そのサイズではっきりわかるように書いてよ!

日本郵便のHPトップにも、値上げのことが書かれていません。

出典:郵便局HP

いちおう「郵便ハガキの料金等変更のページ」は用意してあるからいいんですけど…せめてトップページからわかりやすくリンクを貼るとかできなかったんでしょうか?

なんか「ブラック企業リスト」がめちゃくちゃわかりにくいところに置いてあった「厚生労働省HP」を思い出してしまう…
[kanren postid=”4305″]

これで、混乱したら郵便局の職員さんが今まで以上に大変になるような木がするのは、ぼくだけでしょうか?

ともかく!
2017年6月1日からは「郵便はがき」62円です!
間違えると相手方に迷惑がかかることもありますので、ご注意ください。

2017年6月1日(木)から郵便はがきの料金等を変更させていただきます。 – 日本郵便

その他
スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉元 寿林をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
じゅりんHACK -IT情報館-
タイトルとURLをコピーしました