プロ描画の500以上の図形が追加!「iWorks for iOS(iPhone・iPad)」アップデートでさらに使いやすく!

Appleが開発しているオフィスアプリ「iWorks for iOS(iPhone・iPad用)」が久しぶりに大きなアップデートです!

Pages・Numbers・Keynoteに、プロが描画した図形を500以上も追加。
四角や丸といった基本図形に加えて、人物・動物・モノ・スポーツ・ビジネスなどのシェイプ(図形)が一気に充実しました。

Pagesでチラシや資料を作ったり、Keynoteでスライドを作ったりするとき、わざわざ素材を探しに行かなくてもアプリだけで完結できる場面もこれからは出てくるかもしれません。かなり便利になりそうで嬉しいです!

他にも共同作業(コメントなど)に関する新機能なども追加されていますが、即役立つのは500以上の図形で間違いありません!

各アプリの役割は以下の通り

Pages ≒ Word(ワード)
Numbers ≒ Excel(エクセル)
Keynote ≒ PowerPoint(パワーポイント)

スポンサーリンク

追加されたシェイプは500以上!色・大きさの編集も自在!

一気に500以上も追加されたシェイプ(図形)。
物・動物・自然…などジャンルごとに使いやすく分類されています。

こういったシンプルな図形は、資料やスライドを作成する人間にとっては本当にありがたい存在。単色で色の変更もできるため、どのような書類・スライドにも合わせやすくなっています。

人のシルエットなんかも、フリー素材をわざわざ探しに行かなくてもよくなるのは、猛烈に助かりますね!

「iWorks for iOS」バージョン3.2 アップデート内容

The app was not found in the store. 🙁

バージョン 3.2 の新機能

• プロが描画した図形を500以上含むライブラリを活用して書類をより美しく
• コメントに返信してスレッド形式の会話に参加
• リンクされたテキストボックスを追加すると、テキストボックス間でテキストがスムーズに移動
• 新しい自動修正オプションおよびテキスト置換オプションにより、入力にかかる時間を短縮
• 新しいページサムネール表示で書類内を簡単に移動
• 固定レイアウト型のePubブックとして書類を書き出し
• 共同制作中でも余白、ヘッダ、フッタ、用紙サイズを変更

The app was not found in the store. 🙁

バージョン 3.2 の新機能

• プロが描画した図形を500以上含むライブラリを活用してスプレッドシートをより美しく
• コメントに返信してスレッド形式の会話に参加
• 共同制作のスプレッドシートでプリントプレビューをサポート
• 新しい自動修正オプションおよびテキスト置換オプションにより、入力にかかる時間を短縮
• “株価を挿入”機能、Stock関数、Currency関数で、前日市場の取引終了時点のデータを取得

The app was not found in the store. 🙁

バージョン 3.2 の新機能

• プロが描画した図形を500以上含むライブラリを活用してプレゼンテーションをより美しく
• 新しいライトテーブル表示でスライドを簡単に並べ替え
• スライドの表示中に発表者ノートを編集
• コメントに返信してスレッド形式の会話に参加
• 新しい自動修正オプションおよびテキスト置換オプションにより、入力にかかる時間を短縮
• ヘブライ語とアラビア語のサポートを向上

「iWorks for Mac」良アップデート!プロ描画の500以上の図形が追加で、チラシ・スライド・資料がさらに作りやすく!

2017年6月14日

安いだけじゃない!超絶オススメの格安SIMランキング!

ドコモ・AU・ソフトバンクの3大キャリアよりも圧倒的に安くなる格安SIM!そんな格安SIMの中でも選ぶべき回線はどこなのか!?ランキングにしました!

買って良かった!「Kindle paperwhite マンガモデル」が最高すぎて手放せない理由5つ!

何百冊だって持ち歩ける!夜中にベッドでも読める!などなど、読書ライフを劇的に改善してくれた「Kindle paperwhite マンガモデル」!
iPhoneやiPad以上に知的欲求を満たしてくれる最強電子書籍デバイスを徹底レビュー!!

ABOUTこの記事をかいた人

ミリョク・ラボ 代表
ThinkBuzan社公認マインドマップインストラクター(TLI)

主にコミュニケーション・マインドマップ・IT活用(EvernoteやiPhone・iPad・Macなど)の講師として、企業・公的機関・職業訓練校などからの依頼で講演活動を行う。
しかし、その正体は、大好きなことを話し続けることに至福の喜びを感じる「おしゃべり」屋。
そんなおしゃべりの舞台が、インターネットの世界にまで広がった結果が、本ブログ「じゅりんHACK」である。