MENU

足の裏をエタノールで消毒!蚊に刺されにくくする最強の方法!

2017年8月4日 追記

約二週間ほど、思い出したように下記の方法をやっていますが…
あれだけ蚊に愛されボーイだった我が子(5歳)の蚊に刺される被害0!(ついでもぼくも0!)脚だけではなく腕も顔も、今までと違って全然刺されなくなりました!あちこち刺された後が痛々しかった息子の脚も元どおりの美脚(笑)に!!

忙しいときには、靴下の上からエタノールスプレーをシュッとするだけでも効果がありそうな感じがします。

蚊とか…絶滅すればいいのに…

はい。思いっきり個人的な感想ですが、こう思っている人けっこう多いのではないでしょうか。なんていうかもうかゆい!!一箇所だけでもかゆいのに、あいつらときたら平気で二箇所・三箇所と刺しやがります。しかも、集団で。ほんと許しがたい。

人間をなめるなよ…と言いたいところですが、今のところ虫除けスプレーよりも蚊の方に軍配が上がっているような気がします。

しかし!!
そんな悩める蚊被害者たちに救世主が!!

なんと高校生が独自の研究で、圧倒的に蚊に刺されなくなる方法を見つけ出したのです!!すごい!!しかも、蚊に刺されやすい妹を救うためという、なんかもうドラマ化されてもいいくらいの素敵な動機!!かっこよすぎる…

ということで、蚊に刺されにくくするための方法と準備するものをまとめました。(やってみました)

目次

蚊に刺されやすい人は足の「常在菌」の種類が多い!?

研究をおこなったのは、京都教育大学附属高校2年(当時)の田上大喜(たがみだいき)さん。

田上さんの研究によると、

「蚊に刺されやすい人は、足の「常在菌」の種類が非常に多い」

とのこと。

この「常在菌」の出す匂いや化学物質により蚊が興奮し、交尾のために血を吸う行動を誘発している可能性があるそうです。

解決策:足首(特に足裏)から下をアルコールで拭こう!

Elionas / Pixabay

田上君のアドバイスで妹さんがアルコールをつけたティッシュで、足首から下をよく拭いてみたところ、驚くべき効果がありました!
蚊が多い裏山に5分間いたところ、何もしなかったときは81か所も刺されたのに、足を消毒した場合は、刺された数が3分の1に減ったのです。
効果が期待できるのは数時間。蚊がいる場所に出かける直前に足を消毒すれば、蚊に非常に刺されにくくなります。

引用:人類最凶の敵!「蚊」撃退大作戦! – NHK ガッテン!

つまり、足の「常在菌」を減らすことができれば、蚊の吸血行動を誘発しなくてすむということ。要するに刺されなくなるってことですね。

方法は非常に簡単。

足首から下、特に「常在菌」の多いとされる足裏を中心にアルコールで拭くだけ!!(足指の間を拭いたり洗ったりするのも効果的)

これだけで、数時間は蚊に刺されにくくなるとのこと。(効果に個人差はあるそうです)

無水エタノール&100円ショップのスプレーボトルがオススメ!

解決策がめちゃくちゃ簡単だったので、我が家でも早速試してみました。
特に蚊に刺されやすい我が子(5歳)。「お父さん!ムヒ〜!」と毎日叫んでいるほど蚊に刺されまくっている、蚊に愛されすぎ少年。

まずは彼に実験台になってもらうことに。

用意するものは、

  • スプレーボトル(100円ショップ)
  • 無水エタノール
  • ティッシュ(拭ければなんでもOK)

これだけです。
化粧水などを持ち運べるサイズのスプレーボトルに無水エタノールを入れて常備しておくと、蚊に刺され防止以外にも、殺菌・消毒・消臭など多岐にわたって役立つのでオススメです。

あとは、無水エタノールをシュッと足に吹き付けてティッシュで足首まで満遍なく拭くだけ。

これでOK。

今のところ体感ですが、「ムヒ〜!」って言わなくなりました。実際に刺されてもいないようです。また、ぼく自身も実際に試して、数日様子を見てみようと思います(とりあえず昨日までよりは明らかに刺されていない)。

非常に簡単でできる対策ですので、蚊に悩まされている方はお試しあれ!!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる