iOS11リリース!iPadはどれだけ飛躍したのか!ファーストインプレッション!(ちょい辛口)

日本時間の2017年9月20日午前2時。
iPadに驚異的な飛躍をもたらす新OS。その名も「iOS11」がリリースされました。

これまでiPadの評価は「iPhoneが大きくなったやつ」みたいなものが多く、大型化していくiPhoneに対して差別化をはかれずにいました。しかし、今回のiOS11は、まさにiPadのためのOSといっても過言ではないほどに、iPadに特化した新機能が目白押し!

もう「iPhoneの大きいやつ」なんて言わせません!

iPadがiOS11によってどのように進化を遂げたのか…とりあえず半日使用してみたファーストインプレッションです!

…ここまで持ち上げといてあれなんですが…ちょっと辛口になってしまいました(汗)

ちなみにぼくの使用しているiPadは「iPad mini 4 Wi-Fi+cellular」です。

スポンサーリンク

新しくなった「Dock」は普通に便利♪ 11個以上のアプリも配置できる!

新しくなった「Dock」がいい感じに便利です。
単純にアプリアイコンを配置できる数が増えただけでも助かります。その数最大11アプリ!!

よく使うアプリがたくさんある方にとっては、これだけでも助かりますね。

さらに、「Dock」の左側には、直近で使用したアプリ3つも表示されるので、よく使用するアプリには素早くアクセスできるようになりました。

個人的には超革新的な新機能よりも、こういった地味だけど便利なアップデートが嬉しいです。

進化した「マルチタスキング」!「Dock」から開けるのは便利!

iOS11 iPadのマルチタスキング

「マルチタスキング」が進化しました!

iOS10で実装された1画面で2つのアプリを使えるマルチタスキング機能(Slide OverとSplit View)。便利ではあるものの、使いたいアプリを開くまでに手間がかかるなど、まだ洗練されていない感がありました。

iOS11で進化した「マルチタスキング」機能により

[aside type=”normal”]

  • 2つ目のアプリは、画面下からシュッとスワイプすると現れる「Dock」の中から選べる
  • 多くのアプリが、2画面分割だけでなく、重なって表示(Slide Over)で使うことができる
  • 「ドラッグ&ドロップ」で、アプリ間でデータをやり取りできる

[/aside]

といった形で便利になっています。

ちょっと操作に慣れはいるかもしれませんが、「Dock」から2つ目のアプリを選べるので、目的のアプリを立ち上げやすいとは感じました。

ただし、Dockに入れていないアプリを2つ目のアプリとして起動する方法が見つからず…Dock左端の「最近使用したアプリ」から開くしかない感じです。(ちゃんと方法があったらごめんなさい)

それから、以前はYouTubeなどの動画だけだった、アプリに2つ目のアプリを重ねて開く「Slide Over」。これが多くのアプリに対応したのですが…正直これがあることで「Slide Over」と「Split View」の切り替えが若干煩わしくなったと感じます。

とにかく「Slide Over」と「Split View」を切り替えるために使う上部のバーが小さくて掴みにくいんですよ…

個人的には動画以外のアプリは、2画面分割の「Split View」だけでよかったんじゃないかと思います。

目玉機能「ドラッグ&ドロップ」!今後のアプリ対応に期待!

iOS11 iPadの「ドラッグ&ドロップ」

iOS11の目玉機能といっても過言ではない「ドラッグ&ドロップ」

この機能が追加されたことで、アプリ間でテキストや画像などのデータを直感的にやり取りできる真のマルチタスキングを実現しました。もう画面にアプリが2つ表示されているだけなんて言わせません!!

実際使ってみてどうかというと…う〜ん…ドラッグ&ドロップの判定が微妙…なんかうまく「ドラッグ&ドロップ」にならないことがあります。ぼくのiPadが「iPad mini 4」だからパワー不足なだけなのでしょうか?

後は、「何が、どこまで、どのようにできるのか」がはっきりしていない印象を受けます。

どういうことかというと、「ドラッグ&ドロップ」は指一本でも使えるのですが、使い方によっては指二本・または三本使って操作する場面も出てくるということ。

YouTube

例えば、こちらの動画。
この操作は指一本のドラッグ&ドロップではできません。

ドラッグしながらDockを開き、アプリを立ち上げて、ドロップする。

応用的な動きなんでしょうが、なんかややこしく感じます。Appleはざっくりとしたデモンストレーションしか見せてくれないので、何がどこまでできるかはユーザーが使いながら身につけていくしかありません。

指を使って直感的に操作できると謳いながらも、なぜか指の本数や動きが複雑になっている感が否めません。これも慣れなのでしょうか?

それから、アプリによっては「ドラッグ&ドロップ」に対応していないものもあるので注意が必要です。

意外だったのがEvernote。
テキストや画像をドラッグ&ドロップしても、全然コピペできませんでした。「Siri」に対応するよりもドラッグ&ドロップに対応してほしかった…

この辺りは、まだリリースされたばかりのOSなので、各アプリの今後のアップデートに期待です!!

PCライクにiPadを使おう!「ファイル」アプリ!「このiPad内」が気になる…

PCライクなファイル管理ということで実装された「ファイル」アプリ。
主に「iCloudドライブ」アプリの進化系といったところでしょうか。

「Dropbox」や「Gドライブ」などのクラウドストレージや、「Documents」といったファイル管理アプリ内のファイルを開くことも可能です。

他にはファイルにタグ付けすることができたりと、Macの「Finder」に近い作りになっています。

気になるのは、「iCloudドライブ」などと並んで「このiPad内」という場所があること。iPad内の様々なアプリに保存されているデータを「ファイル」から扱えるようになるのでしょうか?今のところ「iThoughts(マインドマップアプリ)」というフォルダしか表示されていないので、なんとも言えませんが。

基本的には「Split View(2画面表示)」で、「ドラッグ&ドロップ」することで真価を発揮するアプリになっていくのだと思います。

今のところ、まだ出番は少ないですが、これからが楽しみです。

地味に便利な「キーボード」の進化!記号や数字の切り替えがなくなりストレス減!

地味に便利で嬉しい「キーボード」の進化!!
その名も「QuickTypeキーボード」!!

これまでは、iPhoneよりもあれだけ広い画面領域がありながら、日本語を入力しながら数字や記号を入力しようとすると、いちいちキーボードの切り替えが必要でした。

しかし!!これからはもうキーボードの切り替えは必要ありません!!

キーの上にうっすらと表示されている数字や記号。
これは対応するキーを下方向にフリックすることで入力できてしまうのです。

これは便利!!

むしろiPhoneの方が()とか「」とか入力が速かったくらいですが、もうiPadも負けてはいません!!素早い快適な日本語入力に酔いしれましょう♪

1画面化&カスタマイズ可能な「コントロールセンター」!切り替えがなく便利!

ようやく1画面に戻った「コントロールセンター」
それだけでなくカスタマイズも可能になりました。

やっぱり画面の切り替えがないだけで全然使い勝手が違いますよ!

しかもiPadの場合、「コントロールセンター」が右側に配置されているので、右手(持ち手)でササッと操作できて楽になりました。

カスタマイズ項目は、「テキストサイズ」や「アクセスガイド」なんかは便利そう。ただ、もうちょっと色々とあってもいいんじゃないかと思います。アップデートで機能が増えてくれると嬉しいですね。

iPad単体で画面撮影できるように!「画面収録」が嬉しい!

iOS11 iPad単体での画面収録

iPad単体で画面撮影できるようになりました!その名も「画面収録」
「コントロールセンター」のカスタマイズで追加できます。

[aside type=”normal”]

設定
→コントロールセンター
→コントロールの追加[/aside]

画面収録の開始ボタンは、コントロールセンターの下部にあります。
終了時には、画面上部のバーが赤くなっているので、そこをタップすると収録終了のダイアログボックスが表示されます。

上の動画は、録画開始から終了までを「画面収録」で撮影したもの。そのままiPadからYouTubeにアップしました。簡単な動画ならMacを仲介する必要が無くなりますね。

アプリの使い方やゲームの動画など撮影する方にとっては、Macに接続しなくてもよくなるので助かりますね。

変わりすぎた「App Store」!正直、今まで通りがよかった…

「App Store」…正直、今まで通りの「App Store」を返して!と言いたくなっちゃいました。マガジン形式の表示は、あまりにもごちゃごちゃしていて見にくいんですよね。

トップ有料とトップ無料のアプリが左右に並んでいる画面がとても見やすくて、アプリ探しも快適だったのですが…どうしてこうなってしまった…orz

おそらく「新しいアプリ」との出会いを中心にデザインされたのではないでしょうか。
Appleの方で用意してくれるテーマで紹介される「今まで使ったことのないようなアプリ」。そんな未知のワクワクするアプリに出会える可能性は増えた…かもしれません。

でも、やっぱり前の方がよかったなぁ〜><

まとめ

色々と書きましたが、新OSを十分楽しんでいます!!
気になるところは確かにあるんですが、それでも触ってしまう、ああでもないこうでもないといじり倒してしまう。そんな楽しさをもたらしてくれるのはさすがAppleですよね。

iPadとiPhoneとの差別化をはかった革新的なiOS11。

・スマホの良さ
・タブレットの良さ
・PCの良さ

それぞれが相互に補完しあって、仕事や生活が豊かになる…そんなツールに進化していくことを心から期待しています!!

さっ!!まだまだ色々と試してみようっと♪

iPad
スポンサーリンク
吉元 寿林をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
じゅりんHACK -IT情報館-
タイトルとURLをコピーしました