シンプルでフル機能無料!LINEの名刺管理アプリ「myBridge」はSNS的繋がりがないのがいい感じ!(iPhone・Android)

スマホのクラウド名刺管理アプリは「Eight」や「Wantedly People」など色々とありますが、なんとLINEが全機能完全無料のクラウド名刺管理アプリ「myBridge」をリリースしました!

ちょっと使ってみた感じでは、

  • シンプルで使いやすい
  • 自動入力の精度は高め(OCRとオペレーター手入力のハイブリッド)
  • 連絡先に登録しなくても、電話着信時に名前を表示できる(これすごい!)
  • LINEとの連携が便利そう

といったところでしょうか。個人的にはなかなか好感触です。

スポンサーリンク

シンプルで使いやすい!名刺管理アプリ「myBridge」

「myBridge」は、いわゆる「クラウド名刺管理アプリ」なわけですが、機能的にはけっこうシンプル。

カメラで名刺を撮影すると、データとして情報を取り込んでくれる。

基本これなんです。加えて、

  • 連絡先に登録しなくても、電話着信時に名前を表示できる
  • 「myBridge」アプリから、LINEのトークやメールにすぐ共有できる(他のアプリでもできますが)
  • 名刺取り込み枚数の制限なし!入力項目の制限なし!全機能無料!
便利なのはこれくらいでしょうか。実にシンプル!!あんまりあれこれと機能があると、面倒になって敬遠してしまうんですよね。それよりは、機能を絞ってシンプルに使いやすい方がありがたいです。

連携昨日はある…けど、SNS的な繋がりはなし!!

名刺交換を登録したユーザーの間で、お互いが相手の名刺を自分の名刺リストに追加すると連携されます。名刺を保有していない相手とは、本人の同意なしに連携されません。

連携した相手の昇進や転職、誕生日など重要なお知らせを受け取ることができます。

他のクラウド名刺管理アプリにもありますし、便利だとは思うのですが…正直、名刺管理でSNS的な繋がりは持ちたくありません。チャットとかないだけマシなのかもしれませんが、自分の情報が勝手に伝わっていくのも、相手の情報が勝手に入ってくるのも、なんか微妙な感じです。

連携機能なしで、シンプルに名刺管理アプリとして使いたいと思ったら、自分の名刺を登録せずに使うといいですね。

追記
「myBridge」では、ユーザー同士がSNSのような繋がりを持つことはないそうです。連携機能は、あくまで名刺に書ききれない情報(生年月日など)や更新された情報を共有するためのもののようですね。

 

 

難点は、縦名刺も横に読み取ってしまう…しかも回転が180度…

ほんとシンプルで使いやすいので、ちょっと使い込んでみようかなと思う「myBridge」なんですが、気になる点が一つだけ。

縦型の名刺を、横にしか読み取らない…

しかも、回転がなぜか180度。…いやいや、普通90度でしょ?180度回りすぎですって!!思わずiPhoneに向かって突っ込んでしまいました。

おそらくこの辺はアップデートで改善されるでしょう。縦型の名刺なんていくらでもあるわけですし。

シンプルで完全無料!名刺管理に「myBridge」オススメですよ!

「myBridge」はシンプルで使いやすいですし、それでいて名刺管理アプリとして最低限の機能は揃っています。名刺の管理したいけど…複雑なのは嫌だし…できれば無料がいいし…という方にはかなりオススメのアプリです。

とりあえず縦型名刺の取り込みだけは、早めに対応してほしいですね!

iPhoneアプリ

Androidアプリ

myBridge - LINEの名刺管理アプリ
myBridge - LINEの名刺管理アプリ
Developer: LINE Corporation
Price: To be announced

安いだけじゃない!超絶オススメの格安SIMランキング!

ドコモ・AU・ソフトバンクの3大キャリアよりも圧倒的に安くなる格安SIM!そんな格安SIMの中でも選ぶべき回線はどこなのか!?ランキングにしました!

買って良かった!「Kindle paperwhite マンガモデル」が最高すぎて手放せない理由5つ!

何百冊だって持ち歩ける!夜中にベッドでも読める!などなど、読書ライフを劇的に改善してくれた「Kindle paperwhite マンガモデル」!
iPhoneやiPad以上に知的欲求を満たしてくれる最強電子書籍デバイスを徹底レビュー!!

ABOUTこの記事をかいた人

ミリョク・ラボ 代表
ThinkBuzan社公認マインドマップインストラクター(TLI)

主にコミュニケーション・マインドマップ・IT活用(EvernoteやiPhone・iPad・Macなど)の講師として、企業・公的機関・職業訓練校などからの依頼で講演活動を行う。
しかし、その正体は、大好きなことを話し続けることに至福の喜びを感じる「おしゃべり」屋。
そんなおしゃべりの舞台が、インターネットの世界にまで広がった結果が、本ブログ「じゅりんHACK」である。