あれ?LINEのスクリーンショット機能「トークキャプチャ」ってどうやるの?設定と使い方を解説!!

LINEの大型アップデートで、LINEアプリの機能としてのスクリーンショット「トークキャプチャ」が使えるようになりました。

iPhoneやAndroid標準のスクリーンショットと違うのは、この二つ。

  • 画面内に収まりきらない長いトークであっても1枚の画像として保存できる
  • アイコンや名前などを非表示にして撮影できる
「こんなLINEが送ってきたよ〜」と人に知らせたいときに、一枚の画像で、匿名にして伝えることができるのは便利かもしれません。

ただ、若干スクリーンショットの撮り方がわかりにくいところがありましたので、カンタンに解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

LINE「トークキャプチャ」機能は「LINE Labs」からオンにしよう!

この「トークキャプチャ」機能は、LINEアプリの実験的な機能として追加されたもの。「LINE Labs」という項目からオンにすることができます。

 

 

LINEの友だち画面
→「設定(画面左上の歯車アイコン)」をタップ
→「LINE Labs」をタップ
「トークキャプチャ」をオン

これで、トーク画面でのスクリーンショット機能「トークキャプチャ」が使えるようになりました。

 

独特な操作の「トークキャプチャ」!「開始位置」と「終了位置」を決めよう!

いわゆるスクリーンショットなんだからカンタンだろう…と思っていたら、意外と操作が独特で迷ってしまう「トークキャプチャ」。

実際にキャプチャする手順は以下のようになります。

1.トーク長押し→キャプチャ

トーク画面を開いたら、まずキャプチャしたいトークを長押し。できれば、キャプチャしたい部分の最初か最後がオススメです。

機能が開くので、「キャプチャ」をタップ。

2.選択された(明るい)トークを2回タップで「開始位置」「終了位置」の選択

画面下に「キャンセル」「情報を隠す」「完了」と出てきますが、まだ触りません!!(←ここ重要!!)ここで「完了」をタップしてしまうと、選択されている一つのトークだけがキャプチャされてしまいます。(一つだけでいい場合は問題ありませんが)

現在選択されている(明るく表示されている)トークを、2回タップ

すると、「開始位置」「終了位置」を選択できるようになります。

どちらかをタップして選びます。(画像では「終了位置」)

次に先ほど選択しなかった方(画像では「開始位置」)に当たるトークをタップ。

「開始位置」〜「終了位置」までのトークが選択され明るく表示されます。

補足
ちなみに、キャプチャ画面(画面上部に「キャプチャ」)と表示されている画面になったら、キャプチャしたいトークをポンポンとタップしていけば、それでも選択することができます。

3.「情報を隠す」をタップで、アイコンや名前を隠す(匿名スクリーンショット)

最後に、匿名にしたい場合には画面下の「情報を隠す」をタップで、アイコンと名前を隠すことができます。

以上で、問題なければ「完了」をタップ。

4.スクリーンショットの使い道(保存先)を選択して完成!!

「他のトークに送信」か「端末に保存」を選んで、終了です!!

5.できたスクリーンショットがこちら!

出来上がりはこうなりました。
確かに長めのスクリーンショットを撮りたいときには役立ちそうですね!

ちなみにローソンのあきこちゃんに翻弄されまくってます(汗)…抽選当たらない…><「まちカフェ大好き」なんて言わせておいて…!!

思わず「大嫌い」って言っちゃいましたが、軽くスルーされるこの悲しさよ…

あれ?LINEで「Live Photos(ライブフォト)」の送信ができない!解決策はこれ!

2018.05.30

安いだけじゃない!超絶オススメの格安SIMランキング!

ドコモ・AU・ソフトバンクの3大キャリアよりも圧倒的に安くなる格安SIM!そんな格安SIMの中でも選ぶべき回線はどこなのか!?ランキングにしました!

買って良かった!「Kindle paperwhite マンガモデル」が最高すぎて手放せない理由5つ!

何百冊だって持ち歩ける!夜中にベッドでも読める!などなど、読書ライフを劇的に改善してくれた「Kindle paperwhite マンガモデル」!
iPhoneやiPad以上に知的欲求を満たしてくれる最強電子書籍デバイスを徹底レビュー!!

ABOUTこの記事をかいた人

ミリョク・ラボ 代表
ThinkBuzan社公認マインドマップインストラクター(TLI)

主にコミュニケーション・マインドマップ・IT活用(EvernoteやiPhone・iPad・Macなど)の講師として、企業・公的機関・職業訓練校などからの依頼で講演活動を行う。
しかし、その正体は、大好きなことを話し続けることに至福の喜びを感じる「おしゃべり」屋。
そんなおしゃべりの舞台が、インターネットの世界にまで広がった結果が、本ブログ「じゅりんHACK」である。