中古スマホ端末のSIMロック解除が義務化!?総務省のガイドライン改正案が発表されました!

スマホやタブレットの中古端末でも「SIMロック解除」ができるようになりそうです。

6月6日に総務省が発表した「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」及び「電気通信事業法の消費者保護ルールに関するガイドライン」の改正案。その中では「通信事業者が中古端末のSIMロック解除に応じることを義務づけ」とあり、今後MNO3社(ドコモ・AU・ソフトバンク)は、すでに解約され、中古として販売された端末であってもSIMロック解除に応じなければならないようです。

これまで中古端末のSIMロック解除は行うことができず、格安SIM業者(MVNO)はドコモ(次いでAU)の通信回線を利用していることが多かったことから、特にSIMロック解除されていないソフトバンクのスマホやタブレットは、格安SIM端末としてほとんど選択することができませんでした。

今回の総務省の改正案を受けて「中古端末のSIMロック解除義務化」がなされれば、例えばソフトバンクのSIMロックのかかった中古のiPhoneであったとしても、SIMロック解除することで、どの格安SIM業社でも選ぶことが可能に!!

今まで以上に格安SIMへの間口が広がることになりそうですね。

総務省|「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」及び「電気通信事業法の消費者保護ルールに関するガイドライン」の改正案についての意見募集

格安SIM
スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉元 寿林をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
じゅりんHACK -IT情報館-
タイトルとURLをコピーしました