MENU

【代替手段あり】Amazonで本の目次を取得できなくなったので、他の方法を探してみました!→「版元ドットコム」

  • URLをコピーしました!
版元ドットコム – 探せる、使える、本の情報

こんにちは!じゅりんHACK管理人のじゅりんです。

「目次」って、本全体の概要を理解する上で非常に大事。ぼくは読んだ本の内容などをEvernoteやマインドマップでまとめたりするのですが、その際にも「目次」を記載しておけると後から見直したときに役立ちます。

このときに重宝していたのが、Amazon。実はAmazonの書籍販売のページには「目次」が記載されていて、すぐにコピペして使うことができたのですが…残念なことに2020年7月よりAmazonの「目次」情報は表示されなくなりました。

商品情報ページの「目次」掲載に関するお知らせ新規
2020年7月20日以降順次、Amazon.co.jpにおける、書籍(本・コミック・雑誌)の商品情報ページの目次ページの掲載を停止いたします。同日以降順次、Amazon.co.jp上での、書籍の商品情報ページ上における「目次を見る」のリンクおよびその先に掲載されていた目次ページは削除され、ご覧いただけなくなります。

引き続き、Amazon.co.jp上の商品情報ページに目次情報の掲載をご希望の場合は、商品情報の「内容紹介」欄への追加、もしくは「試し読み」(旧:なか見!検索)への掲載、追加画像(サブ画像)の「中身の画像」としての目次ページの登録のいずれかをご利用ください。なお、商品情報登録のテンプレートの変更は行いません。

Amazonが一部の取引先宛に告知した文章

う〜ん…さてさてどうしたものか…

ということで、Amazonの代わりに本の「目次」を取得できるサイトを探したら、とても素晴らしいサイト「版元ドットコム」を見つけたので紹介します。

目次

「版元ドットコム」なら本の目次情報が手に入る!

版元ドットコム – 探せる、使える、本の情報

本の目次情報を手に入れたいなら、これからは「版元ドットコム」がオススメです。

サイト内の検索窓で、書籍名(著者名)などを検索して、目的の書籍の情報ページを開けば、書籍の概要や目次情報などがシンプルにテキストで記載されています。

中には概要や目次情報のないものもありましたが、それでもこれだけの書籍情報を扱ってくれるサイトは他に見つけられなかったので、本当にありがたいです。

版元ドットコム
版元ドットコム 版元ドットコムは、版元(出版社)の書名や著者名だけでなく表紙や目次や著者プロフィールなどといった「中身」の情報もデータベース化し公開・提供するサービスです。 本...

「版元ドットコム」で実際に目次情報を手に入れて、目次マインドマップにしてみた

試しに「学び効率が最大化するインプット大全 / 樺沢紫苑・著」を検索して、目次情報からマインドマップを作成してみたいと思います。

「版元ドットコム」の検索窓から、「インプット大全」と検索。

目的の書籍ページにたどり着いたら目次をコピペして、マインドマップ形式にちょいと手を加えれば…

画像クリックで拡大

ものの5分もかからずにできました。これだけでも自分がサッと内容を思い出すにはめちゃくちゃ役立ちます。

いや…本当にありがたいです。

マインドマップ作成には「Transno.com」を使用しています。無料でめちゃくちゃ快適にマインドマップを作成できるので超オススメです!(しかもワンクリックでアウトライナーとマインドマップ切り替えができる!)

Transno – Outlines, Notes, Mind Map

まとめ:書籍の目次情報を手に入れたいなら「版元ドットコム」を使いましょう

いかがでしたでしょうか?

Amazonの目次情報が見れなくなったことは本当に残念でした。ぼくのような使い方に限らず、目次でザッと内容を把握してから本を購入される方もいらっしゃるでしょうから、不便になりますよね。

その場合でも「版元ドットコム」であれば、全てではないもののかなりの書籍の目次を確認することができますので、うまく活用していきたいですね。

版元ドットコム
版元ドットコム 版元ドットコムは、版元(出版社)の書名や著者名だけでなく表紙や目次や著者プロフィールなどといった「中身」の情報もデータベース化し公開・提供するサービスです。 本...
\ワードプレス経営塾生募集中/
\超・初心者向けの解説ブログ!/

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる