MENU

Webページ全体を1枚にスクショするなら「FireShot」が無料で超オススメです!!(Google Chrome・Safari・Edge・Firefox)

こんにちは!じゅりんHACK管理人のじゅりんです。

先日こんな質問がありました。

じゅりん先生、Webサイトの1ページ全体を丸ごとスクリーンショットしたいんですけど…何かいい方法はないですか?

じゅりん

ありますよ〜!それなら「FireShot」を使いましょう!無料でカンタンに使えます!

ということで、今回はWebページ全体をスクリーンショットできるGoogle Chromeの拡張機能「FireShot」の紹介です!

例えばこんな感じでスクショできるようになりますよ!

縦長すぎるので画像小さくしてあります
目次

「FireShot」はWebページをスクショできるブラウザ拡張機能

ウェブページ全体をスクリーンショット – FireShot – Chrome ウェブストア

「FireShot」とは、Webページを様々な形でスクリーンショットできるブラウザの拡張機能(無料)です。特にスクロールが必要なくらいに縦長のWebページでも1枚の画像に画像に収めることができるので、重宝します。

対応ブラウザは以下の通り。
ブラウザに応じてダウンロード先が違うので、自分の使うブラウザのリンクからダウンロードしてインストールしましょう。

「FireShot」ブラウザごとのリンク

「FireShot」の設定

今回は「Google Chrome」の「FireShot」で解説していきます。

拡張機能のインストールが完了するとアドレスバーの右横に「S」のアイコンが表示されます。これが「Fireshot」のアイコンです。アイコンをクリックして「オプション」を開きます。

それほど設定を変えるところはありませんが、保存形式だけ「PNG」か「JPG」か選んでおきましょう(標準では「PNG」になっています)。

「PNG」の方が画質はキレイなのですが、ファイルサイズが「JPG」よりも数倍大きくなってしまいます。そのため、ぼくは「JPG」に変更しています。

ファイルサイズにこだわらず、鮮明な画像が必要であれば「PNG」を選びましょう。

他の設定は、そのままで大丈夫です。

ちなみに「Fireshot」でスクショした画像の保存先は、標準だと「ダウンロード」内の「FireShot」フォルダです。

「FireShot」でのスクリーンショットの撮り方

「FireShot」のキャプチャ(撮影)方法は3種類あります。

  • ページ全体をキャプチャ
  • 表示部分をキャプチャ
  • 選択範囲をキャプチャ

クリックすることでキャプチャが始まります。

今回は「ページ全体をキャプチャ」で縦長のページを撮っていきます。

自動で画面がスクロールしてキャプチャされていきます。キャプチャが終わると以下の画面が表示されます。

左側に表示されているのが、出来上がった1枚画像。スクロールで確認できます。

右側にスクリーンショットの保存方法が表示されています。

  • 画像として保存
  • PDFとして保存
  • Email(Gmail)
  • クリップボードにコピー
  • 印刷

画像としてだけではなく、PDFとして保存したり、直接Emailとして送信したりできます。

ただしEmail(Gmail)で送信するためには、一度「FireShot」と「Gmail」を紐づける許可を出さなければいけません。

ぼくは正直めんどうなので、この設定はしていません。メールで送るならファイルを保存してから添付するか、コピーして貼り付ければいいと思います。

「FireShot」でWebページ全体をスクショした画像がこちら

画像が大きいので小さく表示しています

キャプチャ画像はこのようにできあがります。

ファイルの保存先は、標準だと「ダウンロード」→「FireShot」です。

まとめ:無料で使える「FireShot」が意外と便利!

Webページを丸ごと一つの画像にしたい時って、意外とあるんですよね。

そんなときに「FireShot」はめちゃくちゃ助かるので、ぜひ使ってみてください。

「選択範囲をキャプチャ」も便利!!

「選択範囲をキャプチャ」した画像

「選択範囲をキャプチャ」も、必要な部分だけを1ページにまとめることができるます。

なので、料理のレシピなど1ページに収まりきらないようなものを、必要な箇所だけ切り抜いてまとめるなどの使い方も便利ですね。

「FireShot」ブラウザごとのリンク

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる