あれ?LINEで「Live Photos(ライブフォト)」の送信ができない!解決策はこれ!

本日のLINEのアップデートで、トークルームでの「Live Photos(ライブフォト)」送信ができるようになりました。

iPhone独自の機能である「数秒間の動く写真」こと「Live Photos(ライブフォト)」。独自の機能であるがゆえに、なかなか他のサービスでは対応しにくく、これまでのLINEやインスタグラムなどでも、そのままではただの写真として投稿されてしまっていました。

そのため、今回のLINEアプリのアップデートで「Live Photos(ライブフォト)」送信ができるようになったのは、かなり画期的なこと。本当に数秒の動画なのですが、やっぱり動きがあると伝わりやすさが圧倒的に違います。個人的にもけっこう嬉しいです♪

…ですが、アップデートしたにも関わらず、この「Live Photos(ライブフォト)」の送信がうまくできない方もいらっしゃるようなので、その解決策をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

LINEで「Live Photos(ライブフォト)」を送信する方法

LINEのトーク画面から、普段写真を送るのと同じように「写真アイコン」をタップします。

写真選択画面になります。
「Live Photos(ライブフォト)」の写真には、左下に「◎」が表示されているので、「どれがLive Photosだっけ?」とはならないようになっています。

写真を選択するのですが、ここで「Live Photos」を送信するために必須の操作が!!

それが、画面左下の「original(オリジナル)」アイコンを「緑色(オン)」にすること!!

Live Photosは、オリジナルの写真として送らなければ「Live Photos」つまり「動く写真」として送信されません。いつものように送信すると、静止画として送信されてしまいます。

おそらく、ここでつまずく方が多いのでご注意を!

写真を選択
→オリジナルを選択(緑色)
→送信

これで、バッチリ送信できました。

うまくいっていれば、トーク画面の送信済み画像の左下に「LIVE」と小さく表示されます。送信済みの画像をタップして確認すると、画像を長押しすることでちゃんと動きます。これはちょっと嬉しい♪

…ということで、LINEで「Live Photos(ライブフォト)」を送信する方法でした!!それでは楽しいLINEライフを♪

【iPhone】「Live Photo」を「インスタグラム」に投稿する最もカンタン確実な方法!!(LINE・TwitterもOK!)

2017年1月9日

安いだけじゃない!超絶オススメの格安SIMランキング!

ドコモ・AU・ソフトバンクの3大キャリアよりも圧倒的に安くなる格安SIM!そんな格安SIMの中でも選ぶべき回線はどこなのか!?ランキングにしました!

買って良かった!「Kindle paperwhite マンガモデル」が最高すぎて手放せない理由5つ!

何百冊だって持ち歩ける!夜中にベッドでも読める!などなど、読書ライフを劇的に改善してくれた「Kindle paperwhite マンガモデル」!
iPhoneやiPad以上に知的欲求を満たしてくれる最強電子書籍デバイスを徹底レビュー!!

ABOUTこの記事をかいた人

ミリョク・ラボ 代表
ThinkBuzan社公認マインドマップインストラクター(TLI)

主にコミュニケーション・マインドマップ・IT活用(EvernoteやiPhone・iPad・Macなど)の講師として、企業・公的機関・職業訓練校などからの依頼で講演活動を行う。
しかし、その正体は、大好きなことを話し続けることに至福の喜びを感じる「おしゃべり」屋。
そんなおしゃべりの舞台が、インターネットの世界にまで広がった結果が、本ブログ「じゅりんHACK」である。