MENU

Z世代にも超オススメ!「堀江貴文のChatGPT大全」がめっちゃわかりやすくて役立ちます!

リンクの一部にアフェリエイト広告を利用しています。
  • URLをコピーしました!
Amazon「堀江貴文のChatGPT大全」

こんにちは!じゅりんHACK管理人のじゅりんです。

半年前と比べると、だいぶ世間での話題にあがりにくくなったChatGPT。

「最初はなんでも答えてくれるのが面白かったけど、飽きちゃった…」

「便利そうなのはわかるんだけど、どんなふうに使えばいいのかよくわかないし…」

なんて話も聞きます。

ですが!その一方でこのChatGPTをフル活用してガンガン業績を伸ばしたり、仕事を効率化する企業やビジネスマンも!

言葉はかなり厳しめですが、SoftBankの孫正義さんも「まだChatGPTを使ってない人は人生を悔い改めた方がいい」とまで発言するほど、ビジネス界では常識になっているのです。

特にこれからのビジネス界を担っていくZ世代にとっては、ChatGPTを使いこなせるかどうかが、かなり大きなポイントになると言っても過言ではないでしょう。

「でも、難しい解説書とか読んでもわからないし…」と思ったあなた!大丈夫です!そんなあなたにピッタリな1冊があるんです!それが「堀江貴文のChatGPT大全」!

とにかく、わかりやすくて、おもしろくて、役に立つ。「堀江貴文のChatGPT大全」について紹介します!

著:堀江貴文, 著:荒木賢二郎, イラスト:若林杏樹
¥471 (2024/02/16 15:58時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
目次

「堀江貴文のChatGPT大全」は、口の悪いホリエモン節たっぷりで、面白くて超わかりやすい!

ChatGPTが描いた「楽しそうに本を読む女性」

この本は、やや口の悪さも含めたホリエモン節でのChatGPT指南書。

「ChatGPTってさ、こういうことなんだよ。でさ、こう使えばいいんだよ。あとさ、実際にうまく使ってる人たちの話いっぱい聞いたから読んでみて。めっちゃ役立つから」

要するにこんな感じの本です。難しい話は全然ないですし、むしろ話がわかりやすすぎて驚きます。

口は悪いですけど、難しい話は一切書いていないのですごく読みやすい。

さらに堀江さん自身の書いたパートは、基本的にほとんどが1ページ1項目なので、めっちゃ短くてシンプル。これまた読みやすい。かと言って、大事なことはちゃんと押さえられています。

ビジネス書とか難しいから読みたくない…って人でも、この本なら全然問題なく楽に読み進められると思います。口が悪いところもおもしろいですし、なんか記憶に残っちゃいますしね(笑)

「堀江貴文のChatGPT大全」は、様々なジャンルで活躍する経営者やビジネスマンのChatGPT活用事例が多数掲載!

ChatGPTが描いた「AIを活用しているリンゴ農家」

この本が他のChatGPT本と違うのは、とにかく実際のビジネスでの活用事例が豊富なこと。

堀江さんの人脈でつながっている経営者やビジネスマンの実際の活用事例が本の半分くらいを占めます。というか、おそらくこっちが本書のメインコンテンツなんじゃないかと。

経営者、医師、議員(政治家)、リンゴ農家、企業の広報代表、婚活会社社長…などなど、様々な業界のビジネスマンによる実際のChatGPT活用のインタビューがまとめられています。

ちなみにこのインタビューをまとめる作業もChatGPTにさせているとのこと。めっちゃ楽って書いてありました(笑)

とにかく実際に「活用している人」の話なので、とても参考になりますよ〜!

まとめ|これからのビジネスを担うZ世代にも、ぜひ読んでほしい「堀江貴文のChatGPT大全」!

いかがでしたでしょうか?

とにかく「わかりやすい」「読みやすい」「おもしろい」「実際の活用事例豊富」という点においては、他のChatGPT本を大きく引き離す本書。

ぼく自身も電子書籍版で購入しましたが、サラサラっと読みめましたし、大事なところは何度でも繰り返し読み返すのが苦にならないので、めっちゃよかったです。事例もすごーく参考になりますし!!(特にリンゴ農家さんの話を読むと、業界関係なくAIは活用できるなって思いました)

この「堀江貴文のChatGPT大全」は、これからChatGPTを使ってみようと考える初心者、そして今後のビジネスを担うZ世代の方にぜひ読んでほしい1冊でしたよ〜!

著:堀江貴文, 著:荒木賢二郎, イラスト:若林杏樹
¥471 (2024/02/16 15:58時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次