「iPhoneバックアップに失敗」の通知がうるさい!iCloudバックアップ設定をオフにする方法!

我が家のiPhone、iOS10になってから、やたら頻繁に「iPhoneバックアップに失敗しました」って通知(警告?)が来るようになりました。

iPhoneバックアップに失敗

このiPhoneをバックアップするのに十分なiCloudの容量がありません。

そもそも使っているiPhoneの容量が64GB。無料で使えるiCloud容量5GBではとても収まらないので、もともとiCloudバックアップは使っていません。しかし、iOS10にアップデートしてから「iCloudバックアップ」が標準でオンになってしまったのか、ピコンピコンと上記のような警告の表示が出るように。

…正直、鬱陶しい。

バックアップ自体はMacで行なっているので、iCloudでバックアップするつもりはありませんし、「iCloudバックアップ」の設定をオフにすることにしました!

…と思ったら、意外と「iCloudバックアップ」設定オフの方法がわかりにくい。設定自体は非常にカンタンだったのですが、設定場所が見つけにくいですね…

ということで、今回は「iCloudバックアップ」設定オフの方法を解説します!

スポンサーリンク

「iCloudバックアップ」をオフにする方法

「バックアップに失敗」からは設定できない

「設定」アイコンにも赤いバッジが表示されていますが、「設定」を開くと「iPhoneバックアップに失敗 1」と表示されています。

ここをタップすると…

「提案」という画面に切り替わりますが、iCloudバックアップ自体をオフにする設定はありません。
「iCloudの容量を増やす(有料)」か、「詳細を見る(ヘルプページに飛ぶ)」か、「後で行う(先延ばしにする。結局またバックアップ失敗が表示される)」しかないわけです。要するにここでの選択肢は「有料でiCloudの容量増やしてね!あ。あとで決めてもいいよ!」ということ。

そんなにiCloudバックアップさせたいのか…!?

埒があかないのでおとなしく戻りましょう。

「iCloudバックアップ」をオフにする手順

「設定」のトップに戻ります。

「iPhoneバックアップに失敗」の上にある「名前(Apple IDで登録しているもの)」をタップ。

「Apple ID」の設定画面になります。

画面下の方に、同じApple IDで使用しているデバイス(iPhoneやiPad)が表示されているので、お使いのiPhoneをタップします。

「デバイス情報」の設定画面になります。

「iCloudバックアップ」が「オン」になっているので、ここをタップ。

「iCloudバックアップ」の右にあるスイッチをタップ。

「iCloudバックアップを停止」のダイアログが表示されるので、「OK」

「iCloudバックアップ」がオフになりました。

「設定」のトップに戻ると、「iPhoneバックアップの失敗」の項目が消えています。
これで、「iCloudバックアップ」をオフにできました。

もし「iPhoneバックアップの失敗」の項目が残っている場合には、先に進んで「後で行う」をタップすれば消えます。

まとめ

「iCloudバックアップ」機能…確かに意識せずバックアップしてくれるのは便利。ですが、iPhone自体の容量が肥大化している現状では、有料プランでなければまず使えないでしょう(無料は5GBまで)。

「パソコンにつないでバックアップ取るから問題ない!」って人は、「iCloudバックアップ」はオフにしておく方が吉。頻繁に「バックアップ失敗」って通知が来るのはけっこう煩わしいですからね。ただ、「設定オフの方法」が若干わかりにくかったので、今回記事として紹介しました。

「失敗の通知がうるさい!」と思われている方は、参考にされてください。

安いだけじゃない!超絶オススメの格安SIMランキング!

ドコモ・AU・ソフトバンクの3大キャリアよりも圧倒的に安くなる格安SIM!そんな格安SIMの中でも選ぶべき回線はどこなのか!?ランキングにしました!

買って良かった!「Kindle paperwhite マンガモデル」が最高すぎて手放せない理由5つ!

何百冊だって持ち歩ける!夜中にベッドでも読める!などなど、読書ライフを劇的に改善してくれた「Kindle paperwhite マンガモデル」!
iPhoneやiPad以上に知的欲求を満たしてくれる最強電子書籍デバイスを徹底レビュー!!

ABOUTこの記事をかいた人

ミリョク・ラボ 代表
ThinkBuzan社公認マインドマップインストラクター(TLI)

主にコミュニケーション・マインドマップ・IT活用(EvernoteやiPhone・iPad・Macなど)の講師として、企業・公的機関・職業訓練校などからの依頼で講演活動を行う。
しかし、その正体は、大好きなことを話し続けることに至福の喜びを感じる「おしゃべり」屋。
そんなおしゃべりの舞台が、インターネットの世界にまで広がった結果が、本ブログ「じゅりんHACK」である。