MENU

Twitter画面の自動更新を停止したい!…ので極限まで自動更新を減らす方法!!

こんにちは!じゅりんHACK管理人のじゅりんです。

スマホでTwitterを見ていると…「あ!見たい!」と思った瞬間に、勝手に画面が自動更新(自動遷移)されて見たかったツイートを永久に見失ってしまうこと…ありませんか?

もう…あれがほんと腹立つ仕様なんですよね。「何してくれてんの!?」みたいな…

ということで、今回はTwitterの自動更新頻度を極力減らすための設定をお伝えしていきます!これだけでかなり快適になりますよ!!

目次

「動きを減らす」のチェックを入れる!

まずはTwitterの画面から左上のアカウントアイコンをタップします。

これから設定していく項目は全て「設定とプライバシー」内にあります。

「ユーザー補助(Android)」(iPhoneでは「アクセスビリティ」)をタップ。

「動きを減らす」にチェックを入れます。

これでOK!「減らす」なので、完全に動かなくなるわけではありませんが、これだけでもかなり自動更新が減ります。

さらに自動更新を減らすための設定

「正確な位置情報」を「無効」

「設定とプライバシー」→「プライバシーとセキュリティ」を開きます。

「正確な位置情報」を「無効」にします。

これで位置情報に基づく広告が表示されにくくなります。ただし、自分がツイートするときの位置情報も自動的には使用されなくなります。

「カスタマイズとデータ」を「オフ」

「正確な位置情報」のすぐ下に「カスタマイズとデータ」があります。

この「カスタマイズとデータ」をオフにします。

こちらの操作や普段の検索などからTwitterが判断して表示する広告やコンテンツなどが減ります。自分に合った広告やコンテンツを表示させたい人は「オン」のままで。

「クオリティフィルター」のチェックを外す

「設定とプライバシー」→「通知」を開きます。

「クオリティフィルター」のチェックを外します

関連性の低いコンテンツを通知から除外します。フォロー外のツイート表示が減るので外しちゃっていいと思います。

勝手な自動更新を減らして快適なTwitterライフを!

いかがでしたでしょうか?

上記の設定をしておけば、自動更新の頻度をかなり減らすことができます。「動きを減らす」だけでもかなりの効果は期待できるので、とりあえずそれだけでも設定しておくことをオススメします。

Twitterの情報はほんと一度見失うと、もう二度と発見できないことも多々あるので、自動更新を減らして快適なTwitterライフを送りましょう!!

参考ツイート

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる